読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年上半期映画ベスト10

八月に片足突っ込んだような時期になってしまいましたが、2016年上半期映画ベスト10を雑感とともに紹介します。

 

▼2016年上半期映画ベスト10

 集計期間:2016/1/1-2016/6/30
 順不同

アノマリサ
海よりもまだ深く
キャロル
ザ・ウォーク
サマータイム
山河ノスタルジア
ブリッジ・オブ・スパイ
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ズートピア
スポットライト/世紀の大スクープ

 

▼雑感 (若干ネタバレ有)

『アノマリサ』チャーリー・カウフマン、デューク・ジョンソン/アメリカ/90分

鬼才カウフマンによるストップモーションアニメ。すべての人が同じ顔・同じ声の男性に見えて(聞こえて)しまうマイケルが、久しぶりに「女性」に出会う。口説き落とすところから生々しいセックスシーンと、背筋も凍るあの瞬間の描写が素晴らしい。

f:id:mazemazegirl:20160727202426j:plain

 

『海よりもまだ深く』是枝裕和/日本/117分)

阿部寛演じる主人公、離婚してもまだ夢を諦められず、お金があれば博打をやるどうしようもない奴で、だからこそ曲がった背筋を正すシーンが抜群に胸に響く。「こんなはずじゃなかった」でも「前を向いて生きていこう」という、何にもなれなかった私たちに向けたメッセージ。前作の『海街diary』に引き続き「アレ」映画でもある。

f:id:mazemazegirl:20160727205020j:plain

 

『キャロル』(トッド・ヘインズ/アメリカ/118分)

テレーズのシスター・アリシアへの憧憬や、恋人・リチャードとの関係など、パトリシア・ハイスミスの原作から大胆にシーンを削りながらも、役者の巧さも手伝って雰囲気を損なうことなく、より一層キャロルとテレーズの二人に重点を置いたラブストーリーに。

f:id:mazemazegirl:20160727205123j:plain

 

ザ・ウォークロバート・ゼメキス/アメリカ/123分)

助長になりがちな準備パートはポップでリズミカルに、綱渡りはこれでもかというほど執拗に。こんなに手汗、足汗(と言うのかしら)をかいたことはない。今は亡きワールド・トレード・センターには神々しい光が差している。

f:id:mazemazegirl:20160727205255j:plain

 

サマータイム(カトリーヌ・コルシニ/フランス・ベルギー/105分)

舞台は1970年代フランス。失恋を機にパリへ上京した農家の娘デルフィーヌと、女性解放活動家キャロルの恋。田舎/都会の対比が面白い。パリでは中絶の合法化を始めとした「女性の権利」を求める運動が盛んになっている一方で、病に倒れた父の代わりに田舎に戻って農家を継ぐデルフィーヌが直面したのは農業組合という男社会。レズビアンに対する偏見もあり、農場を守るか、キャロルを選ぶかの間で揺れる感情の繊細な描写が光る良作。

f:id:mazemazegirl:20160727205352j:plain

 

『山河ノスタルジア(柯賈樟/中国・日本・フランス/125分)

過去('99)現在('14)未来('25)三つの時代をそれぞれ異なるスクリーンサイズで切り取っている。とくに未来パート、素晴らしい!焦点を当てる人物は変わってゆくが、幕が閉じて思うのは「ひとりの女性の人生」。中国の急速な経済的変化のうねりの中で変わってしまうもの、変わらないもの。それにしても、対照的な真夏のオーストラリアと真冬の中国の風景を含めて、素晴らしい余韻を残すラストだった。

f:id:mazemazegirl:20160727203541j:plain


ブリッジ・オブ・スパイスティーブン・スピルバーグ/アメリカ/142分)

これぞアメリカ映画! 『ターミナル』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『プライベート・ライアン』快作を生み出してきたスピルバーグ監督とトム・ハンクスのタッグ第四弾。全体的にモノクロがかったような落ち着いたトーンの画面が印象的。

f:id:mazemazegirl:20160727210020j:plain

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ/アメリカ/147分)

あの総当たりシーン、そして殴り合い。最高。

f:id:mazemazegirl:20160727211436j:plain

 

ズートピア(リッチ・ムーア、バイロン・ハワード/アメリカ/108分)

ニックに対するジュディの偏見、さらには「羊は悪者にはならない」という観客の偏見までをも利用した巧みなプロットに脱帽。難しいことを考えずとも、最高のバディ・ムービーでもある。この二人可愛いなあ。

f:id:mazemazegirl:20160727212102j:plain

 

『スポットライト/世紀のスクープ』(トーマス・マッカーシー/アメリカ/128分)

もちろんカトリック教会のスキャンダルが物語の大きな軸として存在するんだけど、個人的には最高のお仕事映画だった。当たり前だが仕事の裏には、それぞれの足で稼ぐ取材だったり、膨大な資料の精査であったりという地道な作業がある。その丁寧な描き方にとてつもなく感動してしまった。

f:id:mazemazegirl:20160727212306j:plain