The Playlistによるウディ・アレン映画ランキング

ウディ・アレン最新作"Cafe Society"のアメリカ公開を控えて、The Playlistがウディ・アレンの監督作47本のランキングを発表しました。


f:id:mazemazegirl:20160713143008j:image


The Best & The Rest: Every Woody Allen Film Ranked

47位 『僕のニューヨークライフ』(2003)“Anything Else”
46位 『ウディ・アレンの夢と犯罪』(2007)“Cassandra’s Dream” 
45位 『スコルピオンの恋まじない』(2001)“The Curse of the Jade Scorpion” 
44位 『さよなら、さよならハリウッド』(2002)“Hollywood Ending”
43位 『教授のおかしな妄想殺人』(2015)“Irrational Man”
42位 『セレブリティ』(1998)“Celebrity”
41位 『タロットカード殺人事件』 (2006)“Scoop”
40位 『サマー・ナイト』(1982)“A Midsummer Night’s Sex Comedy” 
39位 『ローマでアモーレ』(2012)“To Rome with Love” 
38位 『恋のロンドン狂騒曲』(2010)“You Will Meet A Tall Dark Stranger” 
37位 『メリンダとメリンダ』(2004) “Melinda and Melinda”
36位 『ニューヨーク・ストーリー』(1989) “New York Stories”
35位 『人生万歳!』(2009)“Whatever Works”
34位 『マジック・イン・ムーンライト』(2014)“Magic in the Moonlight”
33位 『アリス』(1990)“Alice”
32位 『地球は女で回ってる』(1997) “Deconstructing Harry”
31位 『セプテンバー』(1987)“September”
30位  “What’s Up, Tiger Lily?”(1966)
29位 『ウディ・アレンの影と霧』(1992)“Shadows and Fog”
28位 『私の中のもうひとりの私』(1988)“Another Woman”
27位 『おいしい生活』(2000)“Small Time Crooks”
26位 『誘惑のアフロディーテ』(1995) “Mighty Aphrodite”
25位 『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(1996) “Everyone Says I Love You”
24位 『ラジオ・デイズ』(1987)“Radio Days”
23位 『マッチポイント』(2005)“Match Point”
22位  “Cafe Society” (2016)
21位 『ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』(1972)“Everything You Always Wanted To Know About Sex* (*But Were Afraid To Ask)”
20位 『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)“Midnight in Paris”
19位 『それでも恋するバルセロナ』(2008)“Vicky Cristina Barcelona”
18位 『ブルー・ジャスミン』(2013)“Blue Jasmine”
17位 『ウディ・アレンのバナナ』(1971)“Bananas”
16位 『カメレオンマン』(1983)“Zelig”
15位 『泥棒野郎』(1969)“Take the Money and Run”
14位 『マンハッタン殺人ミステリー』(1993)“Manhattan Murder Mystery”
13位 『カイロの紫のバラ』(1985)“The Purple Rose of Cairo”
12位 『スターダスト・メモリー』(1980)“Stardust Memories”
11位 『ブロードウェイのダニー・ローズ』 (1984)“Broadway Danny Rose”
10位 『スリーパー』(1973)“Sleeper”
9位 『ギター弾きの恋』(1999)Sweet and Lowdown”
8位 『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(1989)“Crimes and Misdemeanors
7位 『インテリア』(1978)“Interiors”
6位 『ブロードウェイと銃弾』(1994)“Bullets Over Broadway”
5位 『ウディ・アレンの愛と死』(1975) “Love and Death”
4位 『夫たち、妻たち』(1992)“Husbands and Wives”
3位 『ハンナとその姉妹』(1986)“Hannah and Her Sisters”
2位 『マンハッタン』(1979)“Manhattan”
1位 『アニー・ホール』(1977)“Annie Hall”

さて新作の"Cafe Society"、順位は22位に留まりましたが、周囲のラインナップを見る限り良作揃いで期待に胸が膨らみます。
自分のお気に入りと照らし合わせるのも楽しいですよね。(私は13位の『カイロの紫のバラ』を見た瞬間に「ええええっ」と大声をあげました。)